スペシャルギフト

日本テレビの番組『スペシャルギフト』の撮影で、キャイーンの天野さんが鯖江に来られました。天野さんはお世話になっている方に「ギフト」として“メガネ”を贈りたいと考えていたようです。天野さんが愛用されてるメガネは「spec espace」の「ES-8201」その製造に携わってる西野さんが今回の「ギフト」用のメガネも作りました。西野氏がテンプルに特注の刻印を押す。その様子を満足げに見守る天野っち

 

メガネの仕上がりとテンプルに刻まれた文字をチェックする天野っち

 

天野っちは「ES-8201」を複数本お持ちのようです。西野さんに使用中のメガネを磨きなおしてもらってました。そんな西野さんが携わった「spec espace」のセルロイドの新型「ES-8204」が近々登場します。

 

ES-8204 col.60 スペック、カラーの詳細は後日、当ブログにて。「スペシャルギフト」 (日本テレビ)7月30日木曜日 深夜24:48~25:18(通常は毎週木曜日 深夜24:38~25:08)関東地区のみの放送ですが、該当される方、是非ご覧ください。

(ホマレ)

27.mon.14:15.2009

Talking about “spec espace” vol.2 (decora KOBE)

今回は「decora KOBE」の漆畑博紀店長です。お話の中に登場したフレーム:「spec espace」 ES-6202 2009 s/s limited edition

 

「H-FUSION」 HF-010 col.1

 

こちらは漆畑店長ご愛用モデルのひとつです。神戸店は東京、大阪と展開する「decora」の中では一番古く、今年で10周年を迎えます。「decora KOBE」オープン当初から、「spec espace」が誕生する前から、お付き合いをさせていただいております。「decora」(系列店「THE GLASSES」と「G.B.Gafas」も含む)と我々の繋がりについては、7月16日発売の『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス)「次代を見つめるデコラの想い」という特集記事の中で漆畑店長が説明されています。

 

(『モノ・マガジン No.610』より転載)「spec espace」のフレーム、サングラスも複数紹介していただきました。(「H-FUSION」の新型も掲載されています。是非ご覧ください)また、先日アップされた漆畑店長が担当のブログ記事「always next generation!」で「spec espace」について触れられています。余談ですが、漆畑店長とお会いすると眼鏡に関する話から始まり、日本の文化(漫画も含む)や歴史、思想など多岐にわたって「シンポジウム」と称した飲み会で語り合います。博識の漆畑店長に眼鏡・サングラス選びのお手伝いをしてもらってはいかがでしょうか。

 

decora KOBE

〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町2-2-4 三宮神社隣 TEL / FAX 078-326-4118 11:00-20:00  無休

 

※動画は「現場の雰囲気」を出すため、撮影時の映像をそのままアップロードしました。そのため一部聞き取りにくい箇所がございます。ご了承ください。

(ホマレ)

16.thu.00:00.2009

「H-FUSION 」 HF-013

前回に引き続き「H-FUSION」の新型紹介です。HF-013 col.65 (Havana Brown)レンズの上下が深いウエリントンタイプ「HF-013」です。

 

HF-013 col.1 (Black)厚みのあるセルロイドを使用していますが、ディテールやバランスは「今の時代感」を基にデザインしました。

 

HF-013 col.19 (Black Brown)最新の感性と技術が融合した古くて新しい眼鏡の形です。

 

HF-013 col.12 (Black / Clear)カラーは上記4色。男性は勿論のこと、女性の方にも是非かけこなして欲しいです。

(ホマレ)

13.mon.11:48.2009

「H-FUSION」 HF-105

 

「H-FUSION」の新型です。現代のファッションシーンに合わせやすい、綺麗めのサーモントフレーム「HF-105」です。

 

col.1(Black)

 

col.65(Havana Brown)

 

col.99(Dark Sienna)カラーは上記3色。クラシックとモードを融合した眼鏡です。

(ホマレ)

09.thu.12:04.2009

Talking about “spec espace” vol.1 (Opticien Loyd)

新企画です。「spec espace」取扱店のオーナーさんや店長さん、日頃お世話になっている方々に「オススメの1本!」を語って頂く「Talking about “spec espace”」です。(Talking about “H-FUSION”の場合もあり)  第1弾は原宿の「Opticien Loyd (オプティシァン ロイド)」の阿部猛氏。今回、阿部さんに「オススメの1本」としてお話いただいたのは、ES-6053 col.17 (Gray/Orange)です。

 

ロイドは来年25周年を迎える、眼鏡のセレクトショップとしては“老舗”にあたります。「視力矯正の道具」とだけ捉えられてた眼鏡に、ロイドは「ファッション」「トレンド」をも採り入れ、定着させた眼鏡屋さんです。opt duo Inc.はロイドと「spec espace」を発表するずっと前から、お付き合いさせていただいております。私個人、眼鏡のことは勿論、それに関わる業界のことなど色々と教えていただきました。

 

Opticien Loyd」(オプティシァン ロイド)

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-26-35 FARMビル TEL03-3423-0505
営業時間/A.M.10:30~P.M.8:00 年中無休(年末年始除く)

 

「Opticien Loyd」×「spec epsace ES-6054」 コラボレートモデルが発売中です。

※動画は「現場の雰囲気」を出すため、撮影時の映像をそのままアップロード
しました。そのため一部聞き取りにくい箇所がございます。ご了承ください。

(ホマレ)

01.wed.14:21.2009